• HOME
  • リンツ&シュプルングリー社の歴史

リンツ&シュプルングリー社の
歴史

Rodolphe Lindt

Rudolf Sprüngli

1845年
菓子職人ダーフィート・シュプルングリー氏と息子のルドルフ氏は、チューリッヒに小さな菓子店を開き、チョコレートの製造もはじめる。
1879年
それまでのチョコレート作りを根源から変える精練装置「リンツ・コンチェ」をロドルフ・リンツ氏が発明。それにより世界で「チョコレートといえばスイス」という名声を確立しました。
1899年
リンツとシュプルングリーが出会い、リンツ&シュプルングリー社が誕生。

1946年には、超薄型の「Thins(エキストラシン)」、1949年にとろける美味しさの「Lindor(リンドール)」、1989年には高品質な薄型チョコレート「Excellence(エクセレンス)」シリーズなど、独自の技術で次々に新製品を発売。

リンツのメートル・ショコラティエは、1845年以来、情熱と、献身と、革新的なスピリットを持って、リンツチョコレートの究極のおいしさを生み出してきました。

現在では、サステナビリティ(持続可能性)を大切にしているリンツ社は、リンツ&シュプルングリー ファーミング プログラムによって、カカオ農家とそのコミュニティを支援するなど様々な取り組みをおこなっています。
詳しくはこちら

日本では六甲バター株式会社が輸入者として、この素晴らしい商品を皆様にお届けしています。

リンツ&シュプルングリー社と
六甲バター

創業以来、一貫してチョコレートを作り続けているリンツ&シュプルングリー社。
「Quality's Best & Beautiful - おいしい品質」をモットーに掲げ、QBBブランドを展開する六甲バター株式会社。
品質の保証と向上に一切妥協せず、お客さまに新しい感動を届けるために進化を続ける両社が出会い、
1990年に日本におけるリンツチョコレートの販売契約が締結されました。